不用品の処分を頼みたいけどどちらがよいの?

行政はここが頼れる

行政に不用品を回収してもらうのならば、みんなで使っている生活サービスですからルールがあるのです。
そのルールにのっとって不用品を処分できるならばはっきり言って処分費用は行政の方が安いです。

その安さの秘密はまず運営自体を税金で賄っているということです。
さらに、依頼主の自宅まで不用品を取りに行くという手間を省いているのも安さの秘密ですね。
不用品自体の運搬を依頼主に任せるという形態をとっています。
回収場所まで持ってきてさえくれれば、あとは回収しますよというシステムです。

このように徹底的にコストカットがされているのが行政です。
利用者としては不用品を運んだりと一定の手間はありますがそれだけの料金の安さがそこにあるのです。

民間業者はここがよい

民間はお客さんがついて初めて儲けになります。

お客さんを呼ぶために行政ではやっていないいろいろなサービスで対抗しています。
まず、自宅まで出張回収サービスがあります。
これは自宅まで不用品を回収に来てくれるというものです。
さらに、日付も合わせて回収に来てくれます。
自分の都合のいい時に回収に来てくれるんですね。

その分料金は別途かかります。
出張回収にも出張手数料を取るところもあるようです。
料金は行政に比べてだいぶ割高になってしまいますが時間が合わせられるので処分したい時に処分できるという利点があります。

お金をとるか、時間をとるか悩むところですが自分のライフスタイルにあった方法で処分する方を決めたいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る