料金が全然違う

行政の魅力

次に行政で回収を行う際の料金です。

行政ですから運営は税金で行われています。
決まったルールもあり、手間暇もかかることから料金自体はとても安くなっています。
さきほども言いましたがみんなで使っているサービスですからね。
みんなでお金を出し合っているのです。
税金ですね。
ですから、すごく安く済んでいるのです。

ただし、粗大ごみを自宅まで回収に来てくれるサービスは行っていません。
日時の指定もできません。
自分で重たいごみを運び、決まった日にちの朝に出さなければならないのです。

料金は安いですが、そこが民間の業者と違うところです。
手間をかけても良いのならば行政に頼みたいですね。
粗大ごみを持って行ってもらう時は爽快でしょう。

民間の魅力

民間の不用品回収業者の料金です。

民間の不用品回収業者は行政と違い、細かいサービスが行き届いています。
粗大ごみの運び出しもそうですし、日時を指定することもできます。
また、行政ではやっていない自宅までのごみ回収サービスも行っております。
また、金額次第で不用品の回収の数も増やせます。

ですが、その分、料金は割高になってしまいます。
自宅への不用品回収も業者から出張費がかかるところが大半です。
また、回収の際も行政や自治体に比べ2~3倍、かかるときは5倍の料金が発生します。
細かくて便利なサービスがある分料金が割高なんです。
不用品回収を生活や自分の都合に合わせるならば多少割高でも民間にお願いするのもありかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る