行政と民間な内容まるわかり

不用品の回収ってどこに頼みますか?
不用品と言えば聞こえは良いけれどもようはごみですよね。
ごみの内容にもよるのですが不用品として出すのに悩むのが大体粗大ごみです。
粗大ごみを出すならごみ処理場と思いますよね。

ですが、今は民間でもごみを回収してくれる業者もいるのです。
では行政と民間、どちらにお願いするのがよいのでしょうか。
この2つについて詳しくまとめました。

まず、民間にお願いするときのメリットとデメリットからです。
民間ということもあり具行政にはできない手厚いサービスが充実しています。
今すぐ処分したいと思っているのでしたら行政より民間にお願いするのが得策です。
いろいろな融通も利きます。

これに比べて行政は税金で運営しています。
お得なサービスは限られていますが、行政特有のメリットもあります。
また、民間にはかなわないというデメリットもあるのです。

この2つについて詳しくご紹介します。

さらにゴミとして出せないものの処分についてもまとめました。
大型ごみや家電などに関しては細かく条例が定められており、これらは粗大ごみとして出すことができません。
これらの処分の方法も行政と民間では違ってきます。
処分の方法の違いを知るとびっくりするかもしれません。

融通の利く民間と信用のある行政、あなたはどっちに頼みますか?
税金を活用した行政ですか?
サービスの充実した民間ですか?

どちらにもそれぞれ捨てがたいメリットとデメリットがあるのです。

TOPへ戻る